オイル漏れの修理

お疲れ様です。整備の谷地中です。今回はオイル漏れの修理です。患者さんはBMW 3シリーズ(E46)です。

※画像と修理車両は異なります

お客様のご用命は“駐車場の地面にオイルの“シミ”が付いているので診て欲しい”との事です。早速リフトアップして点検すると、エンジン下側のアンダーカバーがオイルまみれになっています。更にアンダーカバーを外すと見えるエンジンオイルパンもオイルまみれに… どうもエンジンの上の方から漏れたオイルがエンジン下側に漏れ伝わってオイルパンを汚してしまった様です。

 漏れ箇所探索中…

 漏れ箇所発見しました。

漏れ箇所は、BMWが誇る“VANOS”(可変バルブタイミング機構)へエンジンオイルを送る“VANOSオイルサプライラインホース”の“かしめ”部分からでした。

 画像上側が旧部品

 新品のホースを取り付け

この後、漏れたオイルを入念に洗い流し、作業箇所の点検を行い納車となりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

前の記事

エンジン不調