エンジン交換

お疲れ様です。整備の谷地中です。今回のネタはエンジンの交換作業です。エンジンを交換する車両はトヨタプリウス(ZVW30 総走行距離40万㌔)。車検整備でお預かりしたのですが、車検整備以外のご依頼があり、走行中に白煙を吐いてしまうので診て欲しいとの事。点検したところ、白煙の原因はヘッドガスケットの劣化で燃焼室にクーラントが侵入した事によるものでした。代替もご検討されましたが、このご時勢、新車はすぐに納車されない、中古車は高いという事で修理する事に… 総走行距離を勘案してヘッドガスケットの交換ではなく、リビルドエンジンへの交換作業を行いました。先ずはパワートレインASSYを車両から取外します。

 エンジンルームの周辺部品取外し中…

 即席のエンジンジグを作って…

 サブフレームを外します。

 ジグにパワートレインASSYを載せたら、ボディをリフトアップ…

 パワートレインASSYが外れました。

 次はトランスアクスルからエンジンを分離…

 エンジンの分離完了です。

 これから載せるリビルドエンジン。

 周辺部品をリビルドエンジンに移動して…

 トランスアクスルへドッキング。

 パワートレインASSYとボディをしっかり位置合わせしながら…

 少しずつボディを下ろしていきます。

 あと少し…

 この辺りの作業が一番緊張します。

 ドッキング完了。

 サブフレームを復元したら、エンジンルームの部品を復元していきます。

 インバーターを取付。

作業箇所の再点検をすませたら…

 エンジン始動前に診断機を使ってシステムチェック。異常なしを確認したら、READY ON! この後、入念な試運転を行い作業部位の再点検を行い、無事に納車できました。プリウスのエンジン交換は初めてで、かなり緊張しましたが楽しい作業でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。