バッテリー交換しました

お疲れ様です。整備の谷地中です。
久しぶりの投稿になりますが、今回も宜しくお願いします。
さて、今回のネタは“バッテリー交換”なのですが、交換するバッテリーはハイブリッド車の高電圧バッテリーです。

現車は走行中にエンジンチェックランプが点灯。故障コードと高電圧バッテリーの各セルの電圧データを確認したところ、各セルの電圧に大きな差がみられた為に高電圧バッテリーの劣化と判断。高電圧バッテリーを交換する事になりました。
高電圧バッテリーの交換作業はディーラーさんなら慣れた作業とは思いますが、我々の様な整備専業工場では、殆ど携わる機会がない作業です。現車はNHP10のアクア…総走行距離は26万㌔の車両です。

現車の高電圧バッテリーはリヤシートの下に設置されていて、交換するにはリヤシートを取外します。

 リヤシートを外した状態

ここから、更に周辺の部品を外していきます。

 分解中…

 ここで大事な部品が現れます

囲みの部品は高電圧バッテリーの冷却ファンです。バッテリーですので走行中には充放電を繰り返すのですが、その際に発熱してしまうのでファンを使ってバッテリーを冷却しています。この冷却ファン、車内に設置されてはいるのですが、車内のホコリ等の影響で吸気口が詰まってしまい、高電圧バッテリーを冷却出来なくなり、高電圧バッテリーの寿命を短くしてしまう場合もある様ですので、気を付けましょう。

現車の冷却ファンの吸気口は…

 しっかり詰まってました…

このままでは良くないので、吸気口と冷却ファン本体を清掃すると…

 かなり綺麗に…

そして、この冷却ファンの吸気口はリヤシート左下側のトリムと繋がっています。

 やはり汚れが…

もちろん、ここも清掃しました。

フロアマット、シートカバー等のアクセサリーで、この冷却ファンの吸気口を塞いでしまってエラーが入ったり、高電圧バッテリーの寿命を縮めてしまうケースもある様です。

 高電圧バッテリー外れました。

 周辺部品を移設して…

 新しいバッテリーを取付。

シートやトリムを元に戻して完成です。

こんな流れでアクアの高電圧バッテリー交換作業は完了しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

スマホで診断