温度調整が効きません。

お疲れ様です。整備の谷地中です。今回はエアコンの温度調整が効かなくなったフォルクスワーゲン ザ・ビートルの修理です。

お客様のご用命は“エアコンの温度調整が出来ない” “左右の吹き出し口”の温度が違う“との事です。

 オートエアコン操作部。

現車は左右独立で温度調整が出来るオートエアコンが装備されているので、温度制御の機構に問題がありそうです。診断機を繋いでオートエアコンの故障を確認すると…

 なんかが記憶されています。

これは、画像では“固着”と表現されていますが、温度調整用のアクチュエータが何らかの原因でコントロールユニットからの指示位置に到達出来ない時に記憶されるコードです。早速温度調整用アクチュエータを点検してみると…

 右側のアクチュエータ。

 外した温度調整用アクチュエータ(右側)…

 アクチュエータのケースが壊れてちゃってます。欧州車にありがちな故障です。

これではアクチュエータ内部のギアが正常に作動出来ずに内部のモーターは空回りしてしまい、正常なポジション判定が出来ず温度調整が出来なくなります。本来ならアクチュエータの交換が必要なのですが、オーナー様の話では“ディーラーで診てもらったら、対策部品に交換しなければならないので完治には数万円が必要と案内された”との事です。

 アクチュエータの内部…

現車のアクチュエータを観察すると、幸いな事に内部ギアの破損は無かったので、ケース側のギアシャフトが入る部位を少し修正し、ケースが開かない様に加工/修理すればなんとかなりそうだったので、お客様の承認を得て加工/修理を行いました。

左側のアクチュエータも壊れていたので同様に作業。車両に取付しアクチュエータの試運転。しっかり作動する様になりました。

この後、オートエアコンのコントロールユニットにアクチュエータの作動ポジションを学習させる為に初期化を実施。

 エラーコードなくなりました。

実際の作動データは…

 バッチリOKです。

本来の修理方法ではありませんが、予算を抑えて機能を回復させる事が出来ました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ドアロック交換