1日でエアコンが冷えなくなります

お疲れ様です。整備の谷地中です。今回はトヨタ ヴェルファイア(AGH35)のエアコントラブルです。現車はエアコンの冷え不良で入庫したのですが、比較的新しいクルマなのに全くエアコンガスが入っていませんでした。一度定量のエアコンガスを補充したのですが、翌日にはエアコンが冷えなくなってしまう状態。エンジンルーム内配管の目視点検では異常な箇所は無かったのですが、現車は前後ツインエアコン車なので、リヤ側の配管も点検する為に車両をリフトアップしてみると…

 車両の下廻りの点検中…

 なんか、不自然に濡れている箇所が…

 不自然に濡れていたカバーを外してみると…

 

リヤエアコンへ行く配管のホルダー周辺がエアコンコンプレッサーオイルでズブ濡れになっています。エアコン配管とホルダーの接触部が融雪剤の影響により腐食して穴が空き、近づくと音が聞こえる程に勢いでエアコンガスの漏れが発生していました。腐食していたのは高圧側の配管ですが、今後の事を考えてリヤ側に行く配管を高圧/低圧共に交換しました。

 運転席の床の辺りから右側のサードシートの辺りまで1本で繋がる配管なので、そこそこ長い配管です。

 右のリヤタイヤハウスの中を通って…

 リヤエアコンの車内ユニットに繋がります。

配管を新品にして、“ハイ、作業完了”というわけにいきませんので…

 今後の腐食を防止するために、塩害ガードクリアーを配管に塗布。再度、エアコンガスを定量補充。作業完了しました。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で