ドアロック交換

お疲れ様です。整備の谷地中です。今回はボルボS60のドアロックの交換作業です。

 S60の2代目モデルです。

左後のドアロックが作動しなくて、車両をロック出来ない状況に陥ってしまいました。診断機を繋いでエラーコードの確認、作動信号の確認を済ませてロックが作動しない原因がドアロックモーターの故障である事を確定してから交換作業に入ります。

 ドアの分解中…

最近の車両は、サイドエアバッグが装備されているので、画像の様にドアトリムを外してからドアの内壁をウインドレギュレータごと外さないと作業出来ない車両が多いです。

 ウインドレギュレータを外すので、ウインドガラスはドアに固定した状態で作業します。

 やっと外れました。

 右が新品、左が旧品。

この後、復元作業を行いドアロックは完治しました。

作業中に追加のご依頼があり、走行中にABSとトラクションコントロールとエンジンチェックランプが点灯する時があるとの事で、そちらも診断。

 右前の車輪速センサーの故障でした。

 右が新品、左が旧品。

こちらも交換し作業完了しました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です