デフオイル漏れの修理①

お疲れ様です。整備の谷地中です。今回はいすゞエルフ(NKS85)のデフのオイル漏れの修理です。

 降ろしたデフASSY

現車のサスペンションは“インディペンデントサスペンション”で4輪駆動車なので、フロントサスペンションを降ろしてからフロントデフASSYを取り外す必要があります。デフが降りたのでオイル漏れが発生している左側のドライブシャフトを外すと…

 外れた左ドライブシャフト。 よーく観察すると… オイルシールの接触面が大変な事なっていました。サンドペーパーで修正出来るレベルの傷ではないので、左ドライブシャフトは交換です。右側は滲み程度なのですが、デフASSYを降ろしたついでに交換しておきます。

 先ずはドライブシャフトへデフマウントブラケットを通して…

 シールとスナップリングを取付。

 次にベアリングとスナップリングを取付。これでドライブシャフトをデフケースに取り付ける準備が出来ました。

 左側のシャフトも同様の作業です。

 左右のドライブシャフトの組付完了です。

 フロントデフASSYはかなりの重量なので、低床のミッションジャッキに乗せて車両へ組み付けます。

次回は車両へのデフASSY組付を書きます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

バッテリー上がり

次の記事

デフオイル漏れの修理②