4駆に入りません③

お疲れ様です。整備の谷地中です。今回は4駆に入らなくなってしまった“いすゞエルフ“の修理です。


お客様の訴えは、”4駆のスイッチをオンにしているのに、滑ってしまって走れない“との事で、現象確認のためにジャッキアップしてテストしてみると、左の前輪だけ回りません。ドライブシャフトは回っているので左前輪の”フリーホイールハブ“に問題を抱えている様です。早速、左前輪のフリーホイールハブ※を分解してみると…

※フリーホイールハブって… パートタイム式の4輪駆動車が2輪駆動で走行する際、ドライブシャフトが直結のままだと抵抗が大きくて、燃費の悪化やステアリング操作力の増大等の影響が出る為、4輪駆動が必要ない場面ではドライブシャフトと車輪の接続を切り離す為の部品。

 外したフリーホイールハブ

 錆びてこんな事に…

水の浸入でフリーホイールハブ内のスリーブやスプリングが錆びてしまい、スリーブが固着してしまってドライブシャフトとフリーホイールハブの接続が出来ず、左前輪に駆動力を伝えられなくなっています。こんな状況ですから、ハブベアリングにも水が浸入してしまっただろうな〜って判断で、ハブを分解すると…

 やっぱりダメになってました

 インナーベアリング

 アウターベアリング

念の為、右前輪を確認しましたが正常だったので、左前輪のフリーホイールハブとベアリングを交換。ハブ内の洗浄とベアリンググリースを再充填。4駆の正常作動を確認して作業完了しました。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

年末年始休業のお知らせ

次の記事

エンジン不調