エンジンチェックランプ点灯&エンジン不調

お疲れ様です。整備の谷地中です。今回はスズキアルト(HA24)のエンジン不調の修理です。お客様のご用命は“エンジンチェックランプが点灯してエンジンの調子が悪いので診て欲しい”との事です。早速、診断機を使って故障コードを確認すると…
 P0107のコードが入力。

この故障コードはエンジンの吸気管の圧力変化を監視するセンサーの故障コードです。

 これがプレッシャーセンサー。

この故障コードからエンジンルームを点検すると…

 配線が切れています。

それも、本来なら配線を保護する為の保護チューブに擦られてしまって切れていました。配線の取り廻しにも少し無理がありますし… 修理するにも、このままでは修理出来ないので、カプラーから端子を外します。

 外れました。

次は擦り切れた部位だけを切除して別の配線を継ぎ足します。

 配線の継ぎ足し完了です。

カプラーへ端子を戻したら、配線の保護と無理が出ない様、取り廻しを変えて作業完了です。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

前の記事

デフオイル漏れの修理②

次の記事

ノッキングの原因は…