4駆に入りません②

お疲れ様です。整備の谷地中です。今回は4駆に入らなくなってしまったエヴリィ(DA64)について書きます。

 
お客様の訴えは、お題の通りの“4駆に入らない”との事で、早速、現象確認からはじめます。

 4駆のスイッチ。

このスイッチを押してみたのですが、現車は4駆に入りません。ですが、グローブボックスの左側にあるヒューズボックスからは“カチカチ”とリレーの作動音が出ています。この状態はクルマ側は4駆スイッチの操作は認識していて、4駆にしようと動作はしている様です。ですが、何らかの原因で4駆に入れる事が出来ていません。整備マニュアルを見て4駆作動の制御を確認すると、4駆のスイッチを入れた時、前のデフのアクチュエータが🔛になり、4駆にする様です。という事は前デフに問題がありそうなので車両をリフトアップして点検してみました。

 現車の前デフ…

 アクチュエータのカプラーです。

よ〜く見て見ると…

 配線が切れてます…

これではアクチュエータが正常な作動は出来ないので、4駆に入れないのも納得です。配線の修理をすれば完治するのは間違い無いのですが、配線が切れている場所がターミナルの根元なので簡単に修理は出来ません。新しいターミナルと防水プラグを用意出来れば早いのですが、ターミナルと防水プラグを在庫している部品商さんもいなかったので自力で完治に挑みます。幸いな事に以前スズキ車のエンジン交換をした際に保管してあったジャンクパーツのエンジンハーネスから適合するターミナルと配線が見つかりましたので、現車に移植していきます。

 外したターミナル…

 移植完了です。

ここまで簡単に書いてはいますが、作業を担当した谷地中は狭い作業領域に指をつりそうになりながらの作業でした。

配線の修理後は…

しっかり4駆に入る様になりました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

ドアロックの不調