エンジンがかかりません

五戸工場の滝田です。
7年ぶりに現場に戻りました。
よろしくお願いします。

今回は、ハイゼット(H12年式)の『エンジンがかからない』という整備事例をご紹介いたします。

まずは、お客様の症状を現象確認いたしました。
『キュルキュルキュル、、、』
確かにかからない。

ガソリン車のエンジンがかかる条件として
①良い混合気
②良い圧縮
③良い火花
が整っていないとかかりませんし、調子もよくありません。

エンジンをかける時のスターターの回り具合である程度絞り込めまして、今回の車両は
クランキング時の回転ムラは無く(②問題無し)
また初爆(エンジンがかかりそうでかからない)が無い感じ(①問題無し)でした。

③良い火花が飛んでないのではないか?と判断し、火花点検を実施しようと思いました

、、、が、メーターの警告灯を確認すると
エンジンチェックランプが点灯してないじゃないですか。

これは、ECU(エンジンコントロールユニット)に電源が来てないかECUが故障してしまった可能性が高い!!
念のため、メーターの球切れも無い訳ではないので確認しましたが異常なし。

よって、ECUの電源系統を点検することにしました。

EFIリレーの作動音⇒無し



EFIヒューズ、ECU IGヒューズ⇒導通有り、電圧有り


EFIリレー単体点検⇒コイル側導通有り、コイル通電時の接点側の導通有り

EFIリレーコイル側アース配線⇒導通無し(地絡無し)

アースがしっかりとれてないことがわかり、配線を辿っていくと、、、


断線を確認いたしました。

アースポイントの元通りの修理は、不具合が多発する可能性が高かったため(後部フレームの腐食大)、バイパス修理にて対処いたしました(納期の関係で写真を撮るのを忘れてしまいました、すみません)。

たった一本の配線でもかからなくなるEFI(電子制御式燃料噴射装置)。
奥が深く、作動条件の再確認ができ大変勉強になった整備事例でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です