ガソリンが漏れてしまいました!

お疲れ様です。整備の谷地中です。今回はガソリン漏れのネタを書きます。患者さんはV73のパジェロです。

入庫理由は12ケ月点検ですが、お客様の依頼内容に“最近、車庫がガソリン臭いので診て欲しい”との事です。早速リフトアップしてみますと…

 赤の囲みが漏れ箇所です。

ガソリンが漏れて、黄色の囲み(タンクカバー)に痕跡があります。

現車はお客様の業務の都合で未舗装路の走行が多く、現車は泥まみれです。漏れの原因は、ガソリンタンクとタンクカバーの隙間に入り込んだ泥が取れずにタンク外面が常時湿っていた為に、少しずつガソリンタンクの腐食が進行し漏れに至ったと判断しました。

 腐食の状況から修理は不可能なのでガソリンタンクを交換します。

 新品タンクに交換中…

交換後…

 現車の走行距離は10万kmを超えているので、作業後の余計な不具合を防ぐ為にも、ガソリンタンクに付いている燃料ポンプや燃料ホース、各種のバルブも交換しました。

今回の作業、下廻りの洗浄をこまめに行っていれば発生しなかったかな〜と思います。

これからの季節、泥ではなくて融雪剤による下廻りのダメージが予測されますので、外装の洗車(洗浄)だけではなく、下廻りの洗車(洗浄)も行いましょう。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です