オイル漏れの修理

お疲れ様です。整備の谷地中です。
今回のネタはアウディのオイル漏れの修理です。 A4(B6系)のクワトロです。

現車はクワトロ(4輪駆動)なのでプロペラシャフトが付いているのですが、プロペラシャフト前方のフランジのオイルシールからオイル漏れが発生しています。B6系では比較的多い症例です。

オイルシールを交換すればオイル漏れは治るのですが、ここのオイルシール、車両に取り付けられているフランジ形状で2種類設定されていて、現車のフランジ形状の確認が必要になります。

①フランジを外して形状確認→②部品発注→となると時間がかかってしまうのですが、当社フロント課長、杉浦課長の裏ワザによってオイルシールを1発で発注。無駄な時間がかからずに部品が入荷。早速、交換作業に入ります。

 フランジを外して…

 新品シールを組付け…

 フランジの組み付け…

※フランジの取付ボルトは“トルクス”のボルトです。

この後、車両の復元作業を行って試走。完治を確認して納車となりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です