HIDバルブの交換

お疲れ様です。整備の谷地中です。

今回はHIDバルブの交換のネタです。LEDヘッドライトが全盛の今では、凄〜くつまらない内容に感じる方もいるかも知れませんが…お付き合い下さい。

患者さんはBMWの7シリーズ、E65系です。

お客様のご依頼はメーターのディスプレイに“左ヘッドライト故障”のメッセージが出て、左のライトが点灯しなくなる、という訴えです。

ヘッドライトのバルブ切れが疑われますが、バルブが原因ではない恐れもありますので、HIDバルブを左右入れ替えしてテスト。

結果はこの様に…

 故障が右に移動しました。

と、なるとバルブの故障の疑いが濃厚です。現車のHIDバルブの規格は国産に多いD2SやD2Rではなく、D1Sです。

 D1SとD2Rの比較。

D1Sは放電ユニットが一体になっています。バルブと放電ユニットが一体になっている分、部品代金はD2Rより高価になります。が、診断する際は、不調が動作部なのか制御部なのかの切り分けが楽です。

現車は左右入れ替えテストで故障が移動しているので、バルブの不良は間違いありません。

上の画像は制御部に記憶された故障コードです。右のバルブの故障を検知している上に、不調の確認の為、最低3回のHID起動動作をしています。最近のクルマは頭が良いですね〜

で、バルブ交換をしますが…狭いです。

 HIDは高電圧で動作していますから、作業時はいつも以上の注意が必要です。HIDの作業時、年間で数件の感電事故が発生していますので…

 作業領域が狭いです。

更に…国産車と違う部分も…

 バルブ固定用のカラーが付いてます。

 カラーは2分割。

新品のバルブにカラーを取り付け、車両に装着。点灯確認テストを行います。

 左右共、しっかり点灯します。

この後、念の為にシステムスキャンを行い、故障コードと不調が無い事を確認し納車となりました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です