エンジン不調

お疲れ様です。整備の谷地中です。
今回はシボレーコルベット(モデルコードC4)のエンジン不調の修理について書きます。

 コルベットといえば…

アメリカンスポーツカーの代表的なクルマ。現車は’94モデルです。

入庫理由は“朝一のエンジン始動時にアイドリングが不安定になる”との事です。お客様は自分で症状から考えられる不良箇所を調べていた様で、フューエルインジェクター交換のご用命です。

 エンジンルームです。

早速、フューエルインジェクターの交換作業に入ります。

 エンジンカバーを外して…

 ハーネスを外して…

 外れました。

現車はV8エンジンなので、インジェクターも8本です。

で、外したインジェクターを調べると不調の原因と思われる箇所が見つかりました。

 青丸と赤丸の部分…

青丸のインジェクターは正常。青丸の中は綺麗な状態なのですが、赤丸のインジェクターは僅かにガソリンが漏れているために、赤丸の中にガソリンが溜まっています。正常なインジェクターなら漏れる事は無いので、この僅かな漏れは過濃な混合気が発生してしまい、エンジン始動時の不調の原因になってしまいます。

今回の作業はインジェクターという燃料系の作業ですので、ついでに燃料フィルターも交換します。

 作業は下側から…

 作業領域は非常に狭いです。

狭い作業領域の中であらゆるツールを駆使しながら、やっとの思いで燃料フィルターが外れました。

 どちらもACデルコ製です。

燃料フィルターを組付後に入念に燃料漏れが無い事を確認して、最終確認の為に試運転に出発。

エンジン始動から“調子良くなったな〜”とー思っていたのも束の間、暖機が完了すると、加速時のみミスファイヤが発生し始めました。

エンジンの熱が上がると共に、レーシング(空吹かし)でもミスファイヤが発生する様になり、点火系のテスターで診断したところプラグコードの劣化によるミスファイヤの疑いが濃厚になりました。

お客様の了承を得てプラグコードとスパークプラグの交換を行います。

 右バンクの画像…

現車のスパークプラグは真横から取付されています。

 更に、作業領域はかなり狭く…

四苦八苦しながらの作業です。現車のスパークプラグは“テーパー”型なので、通常のプラグより指定の締付トルクが弱い設定です。いつもの感覚で締付してしまうとオーバートルクになりますので、トルクレンチできっちり締付けます。

 締付け中…

こんな作業を合計8回…更にプラグコード交換…慣れない作業に精神的な疲れを感じながら作業完了!

早速エンジンを始動し、暖機。完調になったアメリカンV8のサウンドは最高でした〜!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です