LEDヘッドライト

お疲れ様です。整備の谷地中です。
今回はLEDヘッドライトについて書きます。
最近の車両はLEDヘッドライトの標準装備が当たり前になりつつありますが、アフターマーケットでは従来のハロゲン電球との入れ替えで、LEDヘッドライト出来る商品があります。

この部品は、アフターマーケットのライティングでは超有名な“IPF”さんのLEDバルブ(H4)です。

最近のLEDバルブの流行で、安価な製品が数多く販売されていますが、見た目は明るくても車検での保安基準に適合しないバルブが多い様な気がします。実際、車検入庫のお客様でLEDバルブを装着していて保安基準不適合になっている車両も見られます。(高価だから保安基準に適合するって訳ではありませんが…)

で、今回のお題のLEDヘッドライト。先ずは、標準的なハロゲンバルブとLEDバルブの比較です。

 左側がハロゲンバルブ。

LEDバルブの方は点灯ユニットが付いている分、少し大きいですね。

 バルブ後方の点灯ユニット。

点灯部分の詳細…

 黄色い所がLEDです。

左側が下向き時に点灯し、右側が上向き時に点灯します。

 下向きでの点灯状態。

わかりにくいですが、LEDならではのシャープな光です。

で、肝心の保安基準の方は…

 バッチリ適合します。

これからの季節、暗くなる時間が早くなるのが早くなります。愛車のヘッドライトが暗いと感じている方は、LEDヘッドライトバルブに交換すると良いかも知れません。

※車両の状態(レンズの劣化等)によっては保安基準に適合しない場合があります。

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です