ボールジョイントブーツ

お疲れ様です。整備の谷地中です。
今回の患者さんはフォード エクスプローラ(3代目)です。

お客様のご依頼は“走行中に前から異音がする”との内容で、現車を点検すると、ブレーキパッドが磨耗して異音を発生していました。

 かなり磨耗しています。

 残量は3㎜を切っています。

これでは異音どころか、ブレーキ性能にも悪影響が出ますので、直ぐに部品を手配したのですが、ブレーキパッドから少し目線をずらすと…

 スタビライザーのテンションロッドが折れて、外れています。更に視線を上に移すと…

 アッパーアームのボールジョイントブーツが裂けていました。

 それも、左右両方…

車両の状況をお客様へお伝えすると、整備作業の承認を頂きましたので部品の手配をします。スタビライザーの方はリペアキットの交換で対応出来ますが、ボールジョイントブーツで問題が発生!部品供給がアッパーアームアセンブリ(片側¥40000-!)しか無いのです!

現車はボールジョイントのガタもなく、ブッシュのガタも無いので、ブーツの破れだけでアッパーアームアセンブリを交換するのはもったい無いです。しかし、ボールジョイントブーツをこのままにすると、車両の状態が悪化するだけ… ん〜、ブーツだけ交換出来ないかな〜

 交換出来ました!

現車の状況を部品商さん(フジモーターズ 八戸営業所さん)に相談すると、倉庫内のブーツの在庫とカタログを見せてくれました。カタログに手頃なサイズを発見!“これ在庫ありますかぁ?”→“無いけど、近いサイズはあるよ〜”→“それ見せて下さい!”→“これだよ〜”→サイズぴったり‼︎

こんなやりとりで、ボールジョイントブーツ(1個¥800-)だけの交換が出来てしまいました。

 新品取付前にグリースを補充。

 新品を組付して車両を復元。

この後、入荷したブレーキパッド交換とスタビライザーテンションロッドの交換を行い、試走を実施。入庫時の異音が解消した事を確認し、納車となりました。

今回の作業、正規の方法ではないのですが、最小限の部品交換で作業が完了でき、お客様の出費も最小限で済んで良かったです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

キーが抜けません…

次の記事

油圧ポンプ交換