4駆に入りません

お疲れ様です。整備の谷地中です。
11月はタイヤ交換ラッシュを言い訳に、ブログ更新をサボっておりました。申し訳ありません。
12月に入り、県南にも雪が積もりました。降雪で道路状況が悪くなればなるほど、4輪駆動のありがたみを感じますね。
で、今回のネタは4輪駆動のトラブルです。
患者さんは日産バネットのトラックです。

 マツダのOEM車両です。

この患者さん、降雪の日に4駆に入らない事が判明し、緊急での入庫です。現車を確認すると…

画像内、緑色の4駆のインジケーターが点滅したままで、4駆に入りません。車両の取説を確認すると、“4駆への移行中に点滅します”との説明。

しかし、1分経過しても4駆に入らずインジケーターは点滅しっぱなしで… これは車両に何かがおきています。

サービスマニュアルを読んでも、現車の症状に適合する診断手順が無い為に、手探りの診断に入ります。

現車の状態を点検して行くと、バックランプが点灯しない事が判明。バックランプスイッチのコネクタが腐食し、断線していました。

 修理中…

 囲みの部分が腐食により、修理した部分。腐食したコネクターを切り落として防水チューブで直結にしました。

 バックランプは点灯する様になりました。

バックランプの不点灯と4駆に入らない症状は繋がらないな〜と思いながら、試しに4駆に入れてみたら…

 すんなり4駆に入りました。

???何が起こったの???

改めてサービスマニュアルを読みましたが、詳細は公開されていませんでした。

推測ですが、現車には4駆のコントロールユニットが搭載されており、各ポジションスイッチの状態を監視し、その状況に応じて4駆↔︎2駆へのアクチュエータの作動を制御していると思われます。今回の患者さんは、バックランプスイッチの状況が、予めコントロールユニットに設定された条件と違っていた為に、4駆のコントロールユニットが“あえて”4駆にしなかったと思われます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です