エアコンのガス漏れ

お疲れ様です。整備の谷地中です。久々の投稿になりますが、よろしくお願い致します。

6月に入り気温が高い日が増えてきて、エアコン不調でのご入庫が増えてきました。エアコン不調といえば“ガス漏れ”が多いのですが、このガス漏れ、旧い車両なら部品の経年劣化で起こりうる症状なんですけど、最近は新車登録から3年以内の新しい車両でもガス漏れによるエアコン不調が発生しています。以下の画像はマツダのデミオ、平成28年登録の新しい車両ですが、エバポレータ(エアコンガスの蒸発器の1部。車室内に設置されています)からガス漏れが発生してしまいました。

 エバポレータの画像。

拡大画像…

この黄色くなっている部分がガス漏れの跡です。何故黄色くなるのか…?説明しますと、現車は1週間程前にエアコンが効かないとの訴えでご入庫され、エアコンシステムの外観では漏れの確認が出来なかった為、漏れ箇所特定の目的でエアコンガスに黄色の蛍光剤を注入し、車両を使って頂く事に…納車後1週間もしない内にエアコンが効かなくなり、再入庫。業務の都合で外注の電機屋さん(南部電機さん…いつもお世話になっております)に診断と修理をお願いしたところ、“エアコンのドレンホースに蛍光剤が付着しているから、エバポレータからガス漏れしているよ”との回答。初回車検前なのに、こんなトラブルあるの〜⁈

納得出来ないトラブルなので、マツダディーラーさんに相談したところ…マツダディーラーさんの回答は“エアコンの構成部品は一般保証に該当する部品なので3年又は6万㌔の保証です。”との事。現車は7万㌔超過…残念ですが、保証修理の対象には該当しませんでした。幸いな事に現車はリース車両なので、お客様への経済的負担はありません。

南部電機さんのお話では、近年の車両はメーカーを問わずエバポレータからのガス漏れによるエアコン不調が増えているそうです。

激しくなる一方のコストダウンや、燃費向上の為の軽量化に起因しているのかな〜 (私、谷地中の個人的見解ですが…)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

エアコンのガス漏れ” に対して2件のコメントがあります。

  1. なりまま より:

    DJ系デミオユーザーです。最近、私のデミオ君もエアコンが効かなくなり、ディーラーで診ていただきましたが、同じ原因でした。全くエアコンガスが無かったそうです。
    しかし、エアコンの保証について保証期間の変更が出た為、メーカー保証で対応して貰っています。やっぱり不調多いですねΣ(-᷅_-᷄๑)

    1. 谷地中洋 より:

      なりまま様、コメントありがとうございます。
      エアコンのトラブルは修理金額が高額になってしまうので、保証で修理出来て良かったですね。
      本日、外注先の電機屋さんを訪問したら、DJ系デミオが入庫していまして…エアコンの修理でした。(ブログと全く同じ修理だそうです)
      ブログで紹介した部品ですが、車内に設置されている為に、どうしても湿気が溜まり易い傾向があり、湿気で腐食が進行してしまいます。
      ご存知かも知れませんが、エアコンの使用時には目的地に到着する少し前にエアコンのスイッチをOffにして、送風のみで少しでも部品の乾燥を行うと良いそうです。(電機屋さんのアドバイスです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

プリウスの車検

次の記事

水温センサーの誤作動