ヒューズが切れてしまいました。

お疲れ様です。整備の谷地中です。

今回のお題のヒューズ切れなんですが、最近の車両は車両側の不具合でヒューズが切れる事は殆どありません。(トラックやバス、特装車両は別ですが…)

今回の患者さんは100系のハイエースで、ドライブレコーダーが作動しなくなってしまってのご入庫です。

現車のドライブレコーダーはシガーライターのソケットから電源を取っているのですが、ドライブレコーダーの他にも業務で使用するモバイル端末(スマホやiPadなど…)の電源を、オートショップさんやホームセンターで販売されているアクセサリソケットを使って、車両のシガーソケットから取っていました。

アクセサリソケットは一旦外して診断入ります。

先ずは、シガーソケットの電源確認すると、普通なら12Vの電源が来ているはずの箇所に全く電気が来ていません。となると、シガーソケットの上流にあるヒューズ切れの疑いが強くなります。で、ヒューズの通電を点検。

 電気が来ていません…

この段階で、ヒューズ切れは間違いありませんので、ヒューズを点検。

 激しく切れています…

画像の切れ方から判断すると、なんらかの過電流ががあった為に激しいヒューズ切れに至ったと推定出来ます。診断を進めるために新しいヒューズを挿入したいところなのですが、現車のヒューズは激しく切れてしまっているので、原因が判っていない段階では新しいヒューズを挿入しても直ぐに切れてしまう恐れがあります。そんな時は…このスペシャルツールを使います。

 ブレーカーヒューズです。

このツール、住宅に取り付けられているブレーカーと同じで、設定値より大きな電流が流れると自動で回路を遮断する事が出来ます。

で、現車にブレーカーヒューズを取付けて、切れたヒューズの回路に繋がっている電装品をオンにし、回路に電気負荷をかけましたが…何も起きません。ブレーカーヒューズを外して普通のヒューズを取付けても…切れません。電気も流れてます。

 電圧は12.1Vで正常。

となると、現車には不良箇所は無いと考えられます。じゃあ、アクセサリに問題ありなのかな⁈

お客様に問診してみると、“アクセサリソケットにスマホの充電器を繋いで充電してから、ドライブレコーダーが作動しなくなった様な気がする…”との事。確定ではありませんが、アクセサリソケットか、スマホの充電器に問題がありそうです。

この後、アクセサリソケットをシガーソケットに繋ぎ、ドライブレコーダーとスマホの充電器を繋いでみましたが、ヒューズ切れは起きなくなりましたので、お客様へアクセサリ接続の際には注意して頂く様にお願いして納車となりました。

便利な車内アクセサリーですが、使い方によっては車両の不調を招く場合もありますので、シガーソケットを利用したアクセサリーを使う場合には充分に注意して下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

水温センサーの誤作動